sakebroject ようこそ福ノ湯へ

もっと酒風呂を楽しむ

夏は、どうしてもシャワーだけで済ませがち。身体が重く疲れが抜けない、クーラーで身体が冷える、食欲がないなどの症状は、内臓の冷えが原因かもしれません。暑くて入浴が面倒な季節こそ、ぜひ酒風呂を!憂鬱な梅雨時も、夏本番も元気に乗り切ることができますよ。
ワンポイント酒風呂術。こんなあなたは、今日から酒風呂。SAKEBURO診断
人間の身体は体温を一定に保つように調節する機能が備わっています。しかし、現代人は1年を通して冷暖房によって快適になった分、体温を調節する機能が鈍くなってしまったと言われています。夏バテやクーラー病、低体温、冷え性などを改善するには、血流をよくして内臓を温め、自然に発汗できる正常な状態に身体を調整することが大切です。 冷たい飲み物はほどほどに
夏バテ
体温調節をするためにかいた汗がうまく蒸発せずに肌表面に残ってしまい、のぼせたような状態になること。さらに、暑いからと冷たい物ばかり飲食していると、内臓が冷えて「頭が重い」「だるい」といった症状が起こり、食欲も落ちて慢性的な疲労感に悩まされます。
クーラー病
上手に汗をかけなくなってしまい、体温の調節がうまくいかない状態になること。1日中冷房のきいた部屋で冷たい飲み物などをとって過ごしていると、体温を放出する必要がなくなり、熱い場所へ行ってもうまく汗をかけなくなってしまうのです。
冷え・低体温
近年は若い女性を中心に平熱36℃以下の人が急増しています。一般的に「冷え性」は身体の表面の一部が冷たくなり自覚しやすいのですが、「低体温」は体内の全体的な「冷え」のため自覚しにくいのが特徴です。免疫力の低下やさまざまな体調不良を引き起こす低体温は、湯船につからずシャワー浴が増えたことや、ハイヒールや下着の締め付けで血流が悪くなっていること、ダイエットや運動不足による筋肉の減少、朝食抜きの習慣、オフィスや自宅で1日中冷房にあたっていることが原因としてあげられます。
そこで活躍するのが、日本酒を入れて入浴する「酒風呂」なのです。
送料無料キャンペーン 大好評実施中